Lani Lani Club

ワイキキのハレクラニホテルの話題を中心に様々な衣食住のお話を掲載しています。

Lani Lani Title
Lani Lani Club TOP  >  2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Orchids (1)

しばらくご無沙汰いたしました・・・。

はい、相変わらず超多忙のゾンビ型ラニねえです。(笑



本日は、オーキッズのお話をいたします。

それも、コンディメントのお話。

小さいお話ですが、お付き合いくださいませ。

パンのお相手のコンディメンツは数ありますが、バターかオリーブオイルか、というのが定石です。

ハレクラニのオーキッズでは以前は無塩バターが出ておりました。

今はおもにオリーブオイルです。

もちろん、バターもご用意できます。

ですので、オイルよりバターで召し上がりたい方はお願いするとよろしいかと思います。

このパンとオリーブオイルの組み合わせは多くのレストランで見られるようになりましたわね。

最近のヘルシー嗜好とも言われております。

要するに飽和脂肪酸より、不飽和脂肪酸のほうが健康的、ということらしいです。

それも必ずしもそうではない、というのはここでは無縁なお話ですので、こちらに置いておきましょう。よっこらせ。

そういうわけで、オリーブオイルのみのところや、オーキッズのようにヴィネガーを混ぜて出すところ、

また、小皿とオイルとヴィネガーが別々に出てくるところと様々です。

さて、オーキッズのヴィネガー入りオイル、早速、画像をご覧いただきましょう。



Orchids Pomegranate Vinegar and Oil_resized_LaniLaniClub



そうですの、お分かりいただけるようにヴィネガーのお色が濃いピンク!

なんて鮮やかなのでしょう!

こちらは、ザクロのヴィネガー入りなのです。

ヴィネガーにザクロの実をインフューズしたものです。

実はこれは、お家でも簡単に出来るのですね。

レシピは色々ありますですよ。

でも、一番簡単なところではホワイト・ワイン・ヴィネガーを使うことかもしれません。

とはいえ、ヴィネガーはシャンパン・ヴィネガーでも、ホワイト・バルサミックでも、色があまりないものであればなんでも。

また、少し、優しい酸味のほうがよいと思われます。

お好みに合わせてお選びくださいね。

ヴィネガーにザクロの実を浸すだけなのですが、配分はザクロの実1カップに対してヴィネガー2カップです。

ザクロの実はジャーに入れた後で少し傷つけておきます。

バーテンダー・マドラーマッシャーのようなものかスパイス用の乳棒(すりこ木)のようなものなど、何でもよいでしょう。

もちろん、スプーンでも出来ますが、可能であれば金属でないほうがいいかもしれません。

あ、でも、潰してしまってはいけませんですよ。

あくまでも傷つけるというつもりで・・・。

潰れてしまいますと、実の中の種のえぐみが出てしまいますので。

そうそう、入れ物は(ジャーやビンなどですが)消毒しておきましょうね。

そのほうがモチがいいです。

ジャムなどを入れるのと同じようにするわけですね。

ビンに入れて10日くらいで綺麗な色が付きはじめ、食べられるようになります。

涼しく暗いところなら半年ほど持ちますです。

オーキッズの白い器とテーブルセンターに映えますね♪

それにしても、オーキッズのオイルはよいアイディアです。

目にも麗しいですし、お味もゲスト万人に喜ばれると思われるさわやかなもの。

多種類のパンに合うように出来ておりますよ。

ただし、ラバーシュはやはり、バターが美味しいですわね。(笑

さて、ランチには何を飲み、何を食べようかしら~・・・

ハレクラニでは、メニューを開いた瞬間のこうした他愛ないひとときさえもステキです。



*****




スポンサーサイト
[ 2013年06月30日 10:58 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(2)

Christmas 2012 - ⑯

一日のお食事の中でもっとも大切なお食事は朝食、と言われて久しいです。

これは、嗜好的なものというよりは、栄養学的、医学的、人類学的な見地から、と言われておりますね。

そりゃ、そうだ、飲兵衛のおいらは、朝飯はいつも抜きでぃ!

と、鼻息荒くノタマう方々が存在されても当然です。

ビジネスなどお仕事で忙しい方も、どうしても朝は軽くなってしまいます。

かく言うアタクスも、自宅にいるときは朝が実に忙しい・・・。

忙しすぎると私がゾンビになることは、皆さま、よくご存じ。

そもそも、若い頃から低血圧のせいもありますが、朝が苦手です。(笑

熱いシャワーでやっと目を覚まさないととんでもないことをしでかすのであります。

バケーションのときは、常に朝食を取ることを心がけておりましたが、子供たちが大きくなると、もうダメです。

朝は、かなりゆっくり始動するようになりました。

さて、そんなワタクシの朝食の中でもお気に入りはこちら~♪


2012Xmas_Eggs Benedict_resized_LaniLaniClub


ハレクラニのエッグズ・ベネディクトでございます~❤

私は2個は食べられませんので、ハーフ・オーダーでお願いしております。

どなたでもお願いするとしていただけますのよ。

食べきれずに残して帰るのはもったいないですものね。

ハーフ・オーダーの場合、お支払いは通常のお値段の60%となります。

ハレクラニでは、どのお料理もハーフ・オーダーをお願いすると、レギュラーサイズの60%です。

ただし、ハーフ・オーダーになるものだけのお話ですが。

ワッフルなどは当然ながら、ハーフ・オーダーは出来ませんですわね。(笑

お話をエッグズ・ベネディクトちゃんに戻しましょう。

どこへお邪魔しましても、朝食にはこれを必ず味見する、というのが習慣になりました。

やはり、ハレクラニのが美味しいですわ~

思い出しただけで、ヨダレが・・・

おととと、失礼いたしました。

自宅にて作る分には、オランディーズもなんちゃってオランディーズで、湯銭なんぞで作りません。

本当にいい加減にちゃっちゃとやっておる次第・・・お恥ずかしい・・・

ですので、ハレクラニできちんとしたのを食べますと、背筋が伸びますです。(笑

こちらは、クラブ・ケーキを敷いたものですが、カナディアン・ベーコン(少々厚切りのハムのようなもの)も美味しい。

食べ比べてわかるのはこのカナディアン・ベーコンのものだと思いますです。

すべてによい素材を使い、バランスが取れていないといけませんので・・・。

以前のラニラニクラブのHPでも、これについての詳細を載せました。

記事が残っていたら、次回に掲載いたしますね。

たしか、このお料理の歴史なんぞも載せた記憶があります・・・。

それにしても、ああ、また、食べたいなあ・・・

黙って座っているだけで美味しいものが出てくるというのは本当に幸せなことですわよね。❤

★ 追記: youngheeさんからのコメントを読み、はたっ!と思いましたの。

ハーフ・ポーションという英語での注文の仕方もあることをお伝えすべきでした。

もちろん、ハーフ・オーダーでも英語としては通ります。

しかし、実は英語ではハーフ・ポーションという表現のほうがクラシィです。

お遣いになるとよろしいのではないかと思い、追記いたします。

パンケーキの場合などにはショート・スタックというのもございます。

ハーフより多く、フルより少ない枚数のことです。

メニューに掲載されている場合もございますです。

yongheeさん、有難うございました。

*****



[ 2013年06月08日 09:32 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(8)

Christmas 2012 - ⑮

ペーストリー・シェフが、数度変わって多少、メニューも変化しましたが、ハレクラニのパン・デザートは平均的に美味しいですよね。

昔からのレシピが使われていることで、馴染みのゲストには嬉しいメニューになっております。

また、新しいスタッフによって考え出されるメニューは、新しいゲストにとっては慣れ親しんでいるもの、ということになります。

と申しますのも、実はパンやデザートにもトレンドというものがあるからです。

昔からのレシピのよさは、その時の味を知り、それを愛している人々にとって至福の時間を与えるものになります。

なぜなら、そういうお味は、素朴感や、懐かしさを感じさせるからだそうです。

しかし、今のみを知る人にとって、それはなんだか不可解なお味の一品となり、あまり愉快なものではないようです。

そのような人々は、昔からのレシピのお味が、「洗練されていない」と感じることが多いからだそう。

なるほど・・・。

レシピの歴史を調べると、同じようなレシピでも油脂や塩、糖類などの量が時の流れと共に微妙に変化しております。

人の味覚の変化によるものか、トレンドを作ったレシピの影響によって味の傾向が変化したものなのか、その両方なのか・・・

その理由についての確固たる事実は存在しておりませんし、明らかな研究も行われてはおりません。

いずれにしても、そういうわけで、昔ながらのお品がよろしい方とそうでない方が、いらっしゃるのは事実なわけです。

ハレクラニのよさは、その両方を大切にしているところではないでしょうか。

メニューの一新はされることがあっても、必ず、昔ながらのレシピは残っており、メニューにも痕跡が残っております。(笑

たとえば、こちらのバスケット。



2012Xmas_pastrybaket_resized_LaniLaniClub



昔からあるペーストリー・バスケットです。

バスケット自体(つまり器ですが)は何度か変わりました。

しかし、中のクロワッサン、マフィン、ペーストリーの数々のお味はあまり変化いたしておりませんね。

時代によって多少、塩分、甘みの変化、中身の変化はありますが・・・。

クロワッサン、ココナッツ・ペーストリー、アーモンド・ペーストリー、クリームチーズ・ペーストリー、

レーズン・ブラウン・マフィン、ブルーベリー・マフィン・・・etc

その日によって焼かれるパンの種類にもよりますが、だいたい、このような組み合わせで供されます。

(もっと種類があったかもしれませんが、あまり詳細は覚えておりませんの。ごめんなさい)

どんなにスタッフが入れ替わろうとも、5年ほど前に亡くなったフランツおじさまのレシピは生きております・・・。

(でも、ショコラティエの井上さんの不在はやっぱり辛いですわ・・・・泣)


*****

[ 2013年06月01日 03:18 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(4)
Profile

ラニねえ

Author:ラニねえ


お越しいただき有難う存じます。


まだブログという言葉もない10年以上前に


Lani Lani Club というサイトを始めました。


ハレクラニホテルが大好き、という友人たちの助けで


なんとか運営しておりましたが、


管理人の生活の変化によって一時閉鎖。


そして今回、ブログとして再開することに。


どうぞ宜しくお願いいたします。


なお、仕事が忙しくなりますとゾンビ化しますが、


人間に戻るまでお待ちくださいまし。

Latest trackbacks
Search form
QR code
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。