Lani Lani Club

ワイキキのハレクラニホテルの話題を中心に様々な衣食住のお話を掲載しています。

Lani Lani Title
Lani Lani Club TOP  >  2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Orchids (13)

本日は、オーキッズでこんなお品をお願いしちゃいましたの、というお話です

大変、お久しぶりでございます。

ブログを放っておいてごめんなさい。

とっても忙しいです・・・

つまり、完全ゾンビ状態。

どうすりゃいいの!という感じです。

来週は出張が控えております。

逃げていい?(いや、ダメだろうと思われる・・・ぐすん)


****


ハレクラニというところは、本当にゲスト中心の天国です。

何をお願いしても、Noとは言いません。

でもね、だからといって、あまりにひどいリクエストはどうかとも思いますが。(当たり前)

ある日、オーキッズのランチ後、とてもおなかがいっぱいになってしまい、デザートは無理とお断り。

しかし、ご一緒のお知り合いからの提案で、なにかちょっと、というお話に・・・。

デザート・メニューのお品の量はちょっと多いわよねえ・・・。

「なんでもよろしいですよ、メニューに載っていなくてもいいのですよ」

なんて、ステキな言葉!

こうしたウエイターの方々が多いのです。

そこで、こんな一品をお願いしちゃいましたの!



Orchids_Affogato_resized_LaniLaniClub



アフォガトーAffogatoです。

オーキッズの美味しいバニラアイスクリームにこれまた美味しいエスプレッソをかけていただきます。

本当はアイスクリームとエスプレッソが分かれてきたのに、画像を撮り忘れました。

申し訳ございませんです。

アフォガトーは、イタリア語で「溺れた・・・」という意味。

なんだか、あまりよろしくない命名ですが、でも、本当にアイスクリームが溺れております。(笑

これは、やはり、アイスクリームもエスプレッソも美味しくないといけませんわね。

お口の中もさっぱりしますし、美味しいですわよ~❤

ちなみにアイスクリームは、小さいシングル・スクープにしてもらいました。

かけるものはエスプレッソが通常ですが、人それぞれ。

ベイリーのアイリッシュクリームをかける方。(これはけっこう甘いですわよ)

グラン・マニエがよろしい方。

ティア・マリアやXOやら・・・。

お酒のお強い方は、そういうリカーやコニャックをお選びになるようです。

アイスクリームもバニラのみならず、さまざま。

組み合わせは自由自在ということですわね。

それにしても、これ、美味しいのですが、きっと簡単すぎてメニューには載せられないのでしょう。

HWAKやプールサイドやお部屋だったらイケそうな気もしますけれど。

ハレクラニ、なにを食べても大変、美味しゅうございます!

早く、行きたいですわ~~~(とほほほ)


*****




スポンサーサイト
[ 2013年08月29日 13:07 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(5)

Orchids (12)

しばらく管理画面に入ることが出来ずにおりました。

FC2本画面からFC2ブログに入ることさえも出来ず・・・。

しかし、やっと、可能になりました。

はい、キャッシュはちゃんと綺麗に削除しておりますです。

困ったものですわね、FC2。しっかりしてね。

と、最初は愚痴になってしまいましたが、オーキッズのお話を続けましょう。

本日はこちらです。


Orchids Fish and Chips_resized_LaniLaniClub



泣く子も黙る「フィッシュ&チップス」(黙らないかも・・・(笑)

正式名は「フィッシュ&チップス、スモーク・タルタル、フライド・ポテト添え」

以前はメニューにございませんでしたの。

シェフにお願いすると作っていただくことは出来ました。

よほど人気があったとみえて、いつの間にやら正式メニューに昇格!(笑

でもね、ほら、そこはオーキッズ。

普通のフライではございませんです。

美味しい白身魚のフリッターですわよ。

原材料が大変によろしいということがすぐにわかりますです。

おソースですが、タルタルソースがお好みの方が多いのですね。

でも、アタクシはやはりモルト・ビネガー。

ビネガーはオイルをカットしてくれますので、さっぱり食べられますの。

ハレクラニにモルト・ビネガーがあるときは出してくれます。

ないときは、バルサミコ酢(英語でバルサミック・ビネガーと言います)をくださいますよ。

必ずもらってお試しくださいね。

ただし、普通のビネガーだときつすぎますのです。

深みがあり、少し甘みもあるモルト・ビネガーかバルサミック・ビネガーがよろしいです。

出来れば、ちょっとエイジド(年月を経たもの)がよろしい。

もっとも、あまりにお年をめされたビネガーは甘みが強すぎますので、これまた、X。

スモークしたタルタルも美味しいですが、ビネガーがぴったり!

たくさん食べられますわよ~~!!

はい、もちろん、ポテトにもビネガーが合いますのです、フライにしてありますから。

しかし、最初にお試しになられるときは、お皿にビネガーを少しとってお使いください。

お魚やポテトの上に直接かけますと、酸っぱすぎてしまう、ということもございますので。

さて、普通でしたら、いわゆる細いフレンチ・フライズを出すところが当たり前。

本場を見習っているレストランでも、せいぜい、細いのではなく、太くカットしたり、厚めのチップス状だったり・・・。

しかし、オーキッズはクラッシュしたポテトをフライにして添えてあります。

これがまた美味!

美味しいポテトでないと出来ませんわね。

オーキッズ、侮りがたし!

これまた、ぜひ、お勧めの一品です。

*****



[ 2013年08月07日 01:04 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(5)

Orchids (11)


お次は、こちらです。

「ロブスターとカニのハンバーガー、サンバル・アイオリ、きゅうりのピクルス、ディル風味パルメザンのフライ」

画像がうまく撮れませんでしたので、二つに分けております・・・すみません。。。

先ずは主賓のバーガーさま。


Orchids Lobster and Crab Burger_2_resized_LaniLaniClub



これでもか!状態のレタスがすっかりはみ出ておりますわ~~(汗

主人が好きなお品ですが、いつも「レタスを多めにね」とお願いしますので、こういう結果に・・・(笑

中に分厚いロブスターとカニのケーキが挟まっております。



Orchids Lobster and Crab Burger_1_resized_LaniLaniClub



こちらが全体像。

手前がポテトちゃん。

中心が美味しいサンバル・アイオリ。

その陰にちらりと見えるのがきゅうりのピクルスです。

サンバル・アイオリは、Sambal Aioli。

サンバルというのは、チリソースの一種ですね。

インドネシアやマレーシア、シンガポール、フィリピン、スリランカなどでよく使われます。

面白いところではヨーロッパはオランダでもよく使われておりますが、ジャワの影響なのだそう。

ちなみに南インド料理に「サーアンバアル」と呼ばれるスープがありますけれど、それとは別物ですの。

当然ながら、このサンバル・ソースが入りますと、ピリ辛になります。

アイオリ・ソースは、皆さまよくご存じ、プロヴァンスはガーリックのマヨネーズ。

オクシタニアやカタルーニャなどでも毎日の食卓で愛用されておりますわね。

これにサンバルですから、ピリ辛アイオリになるというわけ。

このピリ辛がシーフードに合いますのね。

ピクルスもおいしゅうございましたが、ディルとパルメザンのフレンチ・フライズが大変よろしい。

ざっくり切った皮付きのポテトをあげたものですが、外はカリッと中はホクホクでした。

これは、本当に美味しいフレンチ・フライズでございますね。

ロブスターとカニも新鮮なものを惜しげもなく使っておりますから、絶品に仕上がっております。

忘れてならないのが、このブリオッシュ・バン。

少しの甘みがよいですわ~❤

シーフードがお好きな方はぜひ、お試しくださいませ。

この一品は、比較的新顔です。

しかし、ファンが多いそうで、あっという間にオーキッズの顔の一つになったようですわ~。

さてと、次回はどのお品をご紹介しましょうか。。。。。


*****




[ 2013年08月06日 07:18 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(6)

Orchids (10)


本日、ご紹介するのはこちらです。

「シーフード・カリィ(カレー)、バスマティ・ライスとパパドム添え」


Orchids Curry_resized_LaniLaniClub


以前はマドラス・カレーと呼ばれていた、こちらも息の長い一品です。

イエロー・カレーですが、和風のカレーライスのカレーとは異なりますのです。

インド式の本物のイエロー・カレーですの。

オニオン、赤ピーマンなどのお野菜とホタテや白身の魚が主な具。

付け合せのバスマティ・ライスとは、長粒種のお米のひとつ。

以前はインドとパキスタンのみで作られる高級米でした。

今では多種のバスマティが存在して、各地で作られおりますのね。

こちらがその画像です。


Orchids Curry Rice and Condiments_resized_LaniLaniClub


チャツネ、パイナップル、ゴールデン・レーズン、ロースト・ココナッツ・フレークがお供。



そして、こちらが「パパドム」といわれるものです。


Orchids_Curry_Papadom_resized_LaniLaniClub



お座布のような?(笑

この薄焼きパンは、パパダムともパーパドとも。

これ以外にも相当数の呼び名があります。

同じインド国内でも呼び方が異なるそうですわ。

豆粉や米粉、ジャガイモのでんぷんなどから作られます。

トルティーヤと似ていますわね。

インドでは主食として食べられるほか、スナックやアペタイザーでも使われるとのこと。

ラバーシュ好きのアタクシとしてはこういうものはたまりませんわね。

香り高きバスマティ・ライスも美味しいですが、こちらも美味しい。

オーキッズのパパドムは、とても薄く作られておりますわよ。

歯ざわりと舌触りをお楽しみくださいませね。

このシーフード・カレー、以前のマドラス・カレーからアップグレードしたお味です。

中のシーフードの新鮮さがよーくわかるように仕上がっておりますわね。

****


オーキッズのシェフはハレクラニのエグゼクティブ・シェフでもあり、インドのご出身。

デリーで学び、各地インドのトップ・レストランでの修行後、ヨーロッパでさらに研鑽を積まれました。

自然との共存や旬の素材の新鮮さを重要視し、素材を生かすお仕事されておりますわね。

インドのタッチがある一品、まったく感じられない絶品、と作品はバラエティーに富んでおりますです。

以前からのハレクラニにまったく新しい風を吹き込んだヴィクラム・ガーグ氏は天才肌。

ぜひ、皆さまも彼の芸術をお楽しみくださいませね。

ちなみに綺麗な奥さまと二人の可愛いお嬢さまがおいでです。

普段のガーグ氏は子煩悩な優しいパパ。

私生活の安定感というのもお料理に影響する、と発言されたシェフがいらっしゃいますが、本当ですわね。(笑

さて、次回もシーフード、続きますわよ♪


*****




[ 2013年08月06日 00:37 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(3)

Orchids (9)

オーキッズのアントレで昔からシグナチャーとして有名なのはこちら。


Orchids Onaga_resized_LaniLaniClub


オナガですね。

蒸したオナガに椎茸と青ねぎがお供です。

手前のハーブは香菜。

シャンツァイ(パクチー)のことですね。

英語圏では「シアントロ」という場合が多いです。

つまり、コリアンダーの葉ですのね。

好き嫌いが分かれるところでしょう。

しかし、お魚、ソース、お野菜、すべてと一緒に食べますと、美味しいですわ。

以前は、このお料理、お名前が違っておりました。

スティームド・オナガ・オリエンタル・スタイルでしたわね。

今は、オナガの「オーキッズ・スタイル」

オナガのオリエンタル・スタイルの名称がコピーされ始めたためとも・・・。

本当のところは存じません。

が、こちらが本家です、オーキッズでしか食べられませんよ!ということでしょう。(笑

このお料理には、白いご飯が付いてまいります。

こちらはごま油とお醤油風味ですから、ご飯と合って当たり前ですわね。

また、お箸をお願いすると出してくださいます。

日本人だとわかるとお箸を最初からテーブルに用意してくださるウエイターさんもおりますの。

本当に息の長い逸品でございます。

****


オナガは、「尾長」から来ております。

日本名はハマダイ(浜鯛)ですが、尾長はハワイの日系人が英語のLong-Tail Red Snapperの訳から取ったもの。

(Longtailed Red Snapperとしてある書籍もございますが)

昔、ハワイアンの方々は、「うらうらこあえ」とおっしゃっていたそうです。

む・・・むずかしい・・・舌を噛みそうな名前ですわ~~

もっとも、「ふむふむぬくぬくあぷああ」よりは、ようございます。

(こちらのフムフムさんはハワイの州魚でございますぅ~~フグのお仲間ですの)

お話を元に戻します・・・(滝汗

このオナガは、日本語でハマダイとは申せ、スズキに近いお魚です。

えっと、もともと鯛もスズキもスズキ目ですが、鯛はタイ科、スズキはスズキ科、ハマダイはフエダイ科だそう。

でも、どちらもスズキ亜目なんですって。

ええ~~い、もう、面倒だわねっ!

お魚さん、スズキ目だけで1万種いるのですって。

うわお・・・。

要るすにこのオナガはスズキのご親戚で白身の美味しいお魚、というわけです。

ふ~っ・・・

****


ハワイは海に囲まれております。

南国とはいえ、美味で新鮮な魚介類がいつもございますわね。

そして、漁師は乱獲を避けて漁をするようになりました。

サスティナビリティ学が世界舞台に登場したのは2001年。

日本でも2005年くらいから目が向けられ始めました。

そうした取り組みで、徐々に人々の考え方が自然との共存を前提にするようになり、なによりです。

ハワイでもサスティナビリティの推進が唱えられております。

どのような素材も感謝して食したいと思う今日この頃です・・・・。


*****



[ 2013年08月01日 09:53 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(2)
Profile

ラニねえ

Author:ラニねえ


お越しいただき有難う存じます。


まだブログという言葉もない10年以上前に


Lani Lani Club というサイトを始めました。


ハレクラニホテルが大好き、という友人たちの助けで


なんとか運営しておりましたが、


管理人の生活の変化によって一時閉鎖。


そして今回、ブログとして再開することに。


どうぞ宜しくお願いいたします。


なお、仕事が忙しくなりますとゾンビ化しますが、


人間に戻るまでお待ちくださいまし。

Latest trackbacks
Search form
QR code
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。