Lani Lani Club

ワイキキのハレクラニホテルの話題を中心に様々な衣食住のお話を掲載しています。

Lani Lani Title
Lani Lani Club TOP  >  2014年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tango Contemporary Cafe 6.


本日は、Tango Contemporary(タンゴ・コンテンポラリー)のデザートのお話なんぞを・・・。

デザートのお好きなそこのお方、必見ですわよ~~♪(笑)

まずはこちらの画像からご覧くださいましぃ♥



Affogato_Tango_LaniLaniClub2014 (480x360)



は~い、私も大好きなアフォガトーざます~~♪♪♪

しかし、デザートのお話になると、年甲斐もなくなぜかテンションが上がってしまいますね~(笑)

バニラ・アイスクリームに熱々のエスプレッソをかけていただきますぅ。

たまりませんですわ~~

うう~~む、おいすぃ・・・

ここのアイスクリーム、ちゃんとバニラビーンズも入っておりますの。

真面目に作られた美味しいアイスクリームです。

(だけど、やっぱり、ハレクラニのアイスクリームが一番!と思いましたわ~)

エスプレッソはコーヒー・ビーンズの質と機械とタイミングの3点が揃うと美味しく入れられます。

タンゴのエスプレッソも美味しい。

ハレクラニのオーキッズでアフォガトーを作っていただいたときも美味しかったです。

(こちらでご覧になれます。→ハレクラニでアフォガトー
この時も結構なゾンビ状態でのブログですわね・・・とほほほ)

メニューにはないのでお願いしてくださいね。


*****


コメントをいただき、有難う存じます。

只今、ゾンビ化が顕著で、そろそろ限界!というくらいの状態で突っ走っております。(笑)

こういう時にコメントをいただくと、本当に励みになります。

有難う存じます。

しかし、そういうことですので(こらこら)、お返事が遅れます。

失礼をお許しくださいまし。

これに懲りずに、またコメントをお待ちいたしております。

もうとにかく、気温がどんどん下がりますから、くれぐれも、くれぐれもご自愛くださいませね!!

先ずはお体ですわよん。

であであ♥♥XOXOXO

ラニねえ



*****



スポンサーサイト
[ 2014年10月29日 01:00 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(3)

ハワイでは一番のホテル


Halekualni_Evening View_2014_LaniLaniClub2014 (480x319)

(画像はラ・メールからのものです)

ハレクラニが「コンデナスト・トラベラー」の読者投票において2014年度のハワイで一番のホテルに選ばれたそう。

おめでとうございます。

読者7万7000人近くからの投票中、約88.9ポイントを獲得したということで、ビジネス・ニューズで話題となりました。

ただ、この投票は、決まった雑誌の読者に限ってのことですから、それ以外の方からの票は当然ながら含まれておりません。

つまり、投票の範囲は狭いということにもなりますから、これで安心しないでいただけると嬉しいです。

サービスやお食事のソフトの面においても、インフラなどのハードの面においてもやり直しの余地ありと見ておられる方も多いようですし。

ハワイで今のところ一番よいと思われるホテルはここしかない、というのも事実。

今後、リッツが出来たり、フォーシーズンズも出来るとのことですし、トランプもがんばっておりますから。

未来には手強い相手が揃っております。

ハレクラニが、色々な意味でよい方向へ舵を取ってゆけることを祈るのみです。


*****



[ 2014年10月27日 23:40 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(1)

「キス(口づけ)Kisses」という名のレストラン@Kailua 5.


カイルアの「バチBaci(Kisses)」=キスという名のレストランのお話がすっかり宙ぶらりん。

せめて、メイン・ディッシュくらい終わらましょう。ごめんなさい。

人数は7名で伺いましたが、みんなメインは結局、今夜のおススメ5種類になりました。

メニューを決められないときは、この方法がいいかもしれませんね。

そして、みんなでお味見。(笑)

こうやって色々なディッシュをお味見してみるのは楽しいです。

***


先ずはサーモン。



Salmon_Baci_LaniLaniClub2014 (480x285)



フレッシュサーモンのシンプルなソテー。

ケイパーとレモンのソースでさっぱりと。

付け合わせはトマト、ズッキーニとおナスのグリル。

***


こちらはオッソ・ブーコ。




Osso Buco_Baci_LaniLaniClub2014 (480x302)





真面目に作られておりましたよ~。

下に敷いてあるのはリゾットです。

中の骨髄も美味しかったですねえ・・・。

オッソ・ブーコは、子牛の後ろ足のすねの部分を骨ごとブツ切りにしてあるものを使います。

お時間はかかりますが、オーブンを使うと、お鍋ごと数時間、放っておけるので忙しい冬には最高の一品になります。

スロー・クッカーをお持ちの方も出来そうですね。

***


次に参りましょう。

ホタテのパスタ、トマトとマッシュルームのソース。



Scallop_Baci_LaniLaniClub2014 (480x318)


ここのトマト・ソースは定評があります。

ところで、アメリカではトマト・ソースのことをマリナラ・ソースという場合が多いようです。

厳密にはトマト・ソースとマリナラ・ソースは異なるようですが、多くのお店が同じものとして扱っているようです。

ですので、マリナラ・ソース、とありましたら、それはトマト・ソースのような感じ、とお考えくださいませ。

***


お次はニョッキです。


Truffle Gnocchi_Baci_LaniLaniClub2014 (480x319)



しかし、このニョッキ、ラビオリのように中に詰め物がしてあるもの。

それがね、黒と白のイタリアン・トリュフでした~~

そしてこれでもか!のトリュフ・オイルのソース。

ものすご~~くよい香り!

これくらいトリュフ・トリュフしていると食べ応えがありますわね。

ただ、もう少し、お塩が少なくてもよいかも。

ワインとともに召し上がるにはちょうど良い塩分かもしれませんが。


***


最後はこちら。



Ravioli_Baci_LaniLaniClub2014 (480x306)



カフク・シュリンプのラビオリと地元のスィート・コーン・ソース。

プリップリのエビと甘くて濃くのあるコーンの組み合わせですね。

これも、美味しゅうございました。

バチのお料理は派手さはありませんが、家庭的。

ワインを飲みながらなら、いっそう美味しさを感じるでしょう。

ただ、お店が狭いということ、そしてお席同士が近いために静かなお話は出来ません。

さて、バチでのイタリアン・ワインのお話はまた次回に。


*****


1960年代から活躍されたファッション・デザイナーのオスカー・デ・ラ・レンタ氏が亡くなりました。

2006年から癌と戦っていらした方です。

ファースト・レディから一般市民までアメリでは広く知られた名デザイナーでいらっしゃいました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

***

癌といえば、10月は乳がんとDV(ドメスティック・バイオレンス)認識月間。

ピンク(乳がん)とパープル(DV)がトレード・マークです。

昨日、寄ったレストランではピンクの大きなクッキーが販売されておりました。

こんな感じ。


Pink Cookie_Armadillo_LaniLaniClub2014 (480x360)


アルマジロなんです。(お店のマスコットのため)

かわいい~~!!(ピンクがすごいけど・・・)

大きいぃ~~!!(一番長いところで10㎝以上ありました)

一枚1ドルです。

その1ドルをすべてを寄付するとのこと。(太っ腹!)

お店側のお話ですと、人件費や材料費も寄付と考えているそう。

様々な会社で協賛が行われており、どこへお買い物へ行っても、ピンクやパープルのレーベルの商品が目立ちます。

そうした商品を購入すると、売り上げを寄付してくれます。

とても、とても大切なレーベルのうちの2つなので、合体したおリボンまでありますの。



October is_


ではまた。


*****



[ 2014年10月22日 06:48 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(0)

チフーリィ



Chihuly_Bellagio_LaniLaniClub2014 (480x360)


皆さま、お元気でいらっしゃいますか? ゾンビのラニねえザマス。(笑)

さて、こちらは、先日、ビジネスで伺った某ホテルの天井の画像です。

なんと!デイル・チフーリィの作品です。

このホテルには、彼のお店もあり、チフーリィ・ファン必見。

実は、チフーリィの作品はホノルル美術館にもあるそうなんです。

存じませんでした~

いやはや、お恥ずかしい・・・

どなたかご覧になられた方はいらっしゃいますか?

今度、ハワイのいったら是非、ホノルル美術館に寄らなくっちゃ!

ハレクラニのゲストはフリーパスのはず。

次回、がんばるわん。


*****




[ 2014年10月21日 02:21 ] カテゴリ:Others | TB(-) | CM(0)

プールのおやつ♪


ハレ神戸ぱぱさんからのコメントにあった午前中のおやつ@プール。

美味しいミニ・マフィンです♪

(今回の滞在ではプールに行くことがほとんどありませんでしたので、この画像は過去のものです。)

Muffins@Pool_LaniLaniClub2014 (480x361)


その日よりますが、たいて、3種類取り揃えてあります。

この日のは、バナナ・マフィン、マカデミア・ナッツ・マフィン、それから、レーズン・ブランだったかしらん。

レーズン・オートミールだったかも・・・すみません、記憶が曖昧です・・・

ゲストの数が少ないときは、何周かしてくれますのよ~~。(笑)

さっき、朝ごはんを食べたばっかりなのに・・・。

ついつい。。。

VIVA!ハレクラニ・ベーカリー!

プールでは、午前中にミニ・マフィン、午後にはメローナ(アイスキャンディーの商品名です(笑))が配られます。

カットしたパイナップルも出ますが、ホテルの仕入れ状況によってはないことも。(それはそうですね)

しかしですね、このスナックの後にお昼も食べちゃうし、お茶にも行っちゃいますし、結局、夕食も食べちゃうわけですから・・・

気をつけないと行けない年齢・・・と言いつつ、本当に気をつけているかしらと不安になったりしております。(笑)

ハレ神戸ぱぱさん、コメント有難うございました。

またいらしてくださいませ~~


*****


ハワイにまたハリケーン・アナが接近中です。
女性の名前をつけるとたいてい大きくなってハワイに来る、と言われております。
単なる偶然でしょうけれど、今週末は要注意。
ウィンドシアでハリケーンのままではなく、熱帯低気圧に勢力を落としつつあります。
でも、強いトロピカル・ストームですから、くれぐれもお気をつけて!!!

一方で私の頭の中は、とってもストーミー。(スライミーの間違いか?)
多忙のために、もう、スケジュールがぐちゃぐちゃ・・・!
ハロウィーンも近いんだし、ゾンビ化してもいいよ~~と仕事仲間に言われましたわ・・・とほほほ



[ 2014年10月17日 01:45 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(2)

ハレクラニ・ブティックから


本日は、ハレクラニ・ブティックからのお品のご紹介を。

先ずはご覧くださいませ。




Honey_2_Boutique_LaniLaniClub 2014 (317x480)



少し、アップで載せました。

ハワイのオーガニック・ホワイト・キアヴェ・ハニーです。

こちらのお味はさっぱりタイプ。

中は白く硬めのクリームという感じですが、お味は普通の蜂蜜です。

たしかに、キアヴェの香りはいたしますが、そんなに強いものではございません。

言われてみないと気づかれないかも・・・。

蜂蜜独特の香りやお味が苦手な方でもOKな感じ。

私たちは、薄いと思いました。

でもね、優しい匂いとお味でしたよ。


次はこちら。




Honey_1_Boutique_LaniLaniClub 2014 (2) (317x480)



とっても珍しいオーガニックのウィンター・ハニーです。

種類はやはり、キアヴェと解説してあります。

冬のハニーって???

と思いますわよね。

つまり、冬を越した蜂蜜ということです。

夏の間に集めた蜂蜜をしっかり巣で守っていたわけですから、その分、とっても濃いのです。

ホワイト・ハニーと違ってお色はアメ色。

キャラメル色ともいうのかしら?

これは、私たちの好み~~♥

しっかりとした香りとお味でございます。

何につけても美味しい!

嬉しい!

さらに、ドライフルーツやナッツと混ぜ、トリプル・クリーム系やブリーのようなチーズに載せてオーブンで焼くと・・・

もう立派なご馳走になりますの~~♥

このハニーではなく、ホワイト・ハニーでもいたしましたが、どちらもそれぞれ特徴があり、美味しゅうございました~



*****

現在、ゾンビ進行形中でございます。
更新がやっとです。
それで少しお返事が遅れると思われます・・・。
ごめんなさい。
ここで謝罪させてくださいね。
体調にお気をつけて無理のないよう・・・♥
ラニねえ

[ 2014年10月16日 08:43 ] カテゴリ:The Halekulani Boutique | TB(-) | CM(1)

「キス(口づけ)Kisses」という名のレストラン@Kailua 4.


バチでオーダーしたアペタイザー3種のうちの最後はビーツのサラダです。




Beet Salad_Baci_201408_LaniLaniClub2014 (480x312)




写真を写す前に取り分けてしまいましたので、私のお皿のをパチリ。

日本ではあまり食べる習慣がないかもしれません。

でも、ロシア料理などでおなじみですね。

ロシア料理で使われるのはおもにレッド・ビーツ。

しかし、ビーツには色々なお色の種類が存在します。

ベルペッパーに色々な種類があるのと同じ。

こちらのサラダでは、レッドとゴールデン・ビーツが使われておりました。

ビーツはローストして皮をむき(皮をむいてからローストする方法もございます)、一口大にカット。

グリーンサラダは別に作っておき、最後にビーツを飾ります。

最初から混ぜてしまうと、ビーツが実崩れを起こしたり、ビーツのお色がほかのものに移ったりします。

クッキングの際、ぜひ、白いエプロンはお控えくださいまし~(笑)

ちなみに自分でお料理したビーツは、缶詰のビーツとは全くの別なお味がしますのです。

ビーツ、大好きです。


*****





[ 2014年10月15日 00:00 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(1)

サイミン@The Halekulani 


ゾンビへの進化がどんどん進むラニねえです・・・(とほほほ)

さて、本日も駆け足でハレクラニの話題をひとつ。

それはこちらです。




Saimin_LaniLaniClub 2014 (480x360)




ファンの多かったサイミンです。

以前は、HWAKやオーキッズなどでもメニューに載っておりましたねえ・・・(今はイン・ルーム・ダイニングのみです)

そして、その頃はとっても美味しかったのです!

スープは自前の最高に美味しいビーフ・ブロス。

丁寧に油や灰汁をすくっているので澄んでおります。

味わい深く、コク、旨みがあるのに油っぽくないスープで、全部、いただけてしまいそうなほど!
(その前にお腹がいっぱいになりましたが(笑)

本物のビーフ・ブロスがサイミンをとても格調高く、美味しくしておりましたの。

具の一つ一つもよい味わい。

また、適度な大きさのえびがたくさん入っておりましたね~。

上の写真のように蒲鉾ではなく、ナルトが入っておりましたし、お野菜もたっぷり。

ラーメンの麺を特注していたお店がクローズしたため、代わりのお店を探して、やっと変えたのはもうだいぶ前です。

そのあたりから、だんだんとお味が変わって参りました。

昔々から、ハレクラニのサイミンを味わってきたこちらは、ずっと「え?」という感じのお味になったのです。

その後、何度か試してみましたが、昔のお味には戻りませんでした。

最近も、試してみました。(それが上のお写真)

やはり、今一つ・・・。(今、二つ、三つか?・・・(笑))

まず、ビーフ・ブロスのお味がしませんの。

シュリンプ・ブロスにお湯をたくさん足してそれにほかのブロスをほんの少し入れて作っている?としか思えませんでした。

つまり、コクも旨みもなく、水っぽいスープで、なのに、エビ臭い・・・という・・・。

エビの本数も減り、具も変わりました。

ハレクラニのサイミンが大好きだった次女もがっくり。

こうしたレシピの変更は、基本的にやめてもらえればありがたい・・・という感じの出来栄え・・・・はああ・・・

あの頃のサイミンはいずこへ・・・(遠い目・・・)

もし、私たちが食したときだけ、お味がダメなのであれば、それも問題。

こんなふうに色々、言いつつ、それでも、やっぱり、期待して次回も注文してみるのでしょうね、私たちってば。(笑)

またご報告いたします。


****


日本では台風19号が猛威です。

皆さま、くれぐれもお気をつけて。



*****





[ 2014年10月14日 02:02 ] カテゴリ:Halekualni, In-room Dining | TB(-) | CM(2)

おやつタイム@Pool

カイルアの「バチ」のお話は一休み。

本日はハレクラニの話題を。




今回はお仕事なのでプールはなし。

でも、ご挨拶だけでも、と思って伺ったら、せめて一息ついて行って!とおやつをくださいました。(嬉!)

リターニング・ゲストの方にはお馴染みですね、午後のおやつ@プール。

この時は、メローナのバナナ味とパイナップル。

ものすご~~~~く美味しいパイナップルでした。

ここのパイナップルはどうしてこんなに美味しいのでしょう?

いつもそう思います。

最近はお仕事で忙しく、プールで遊ぶ暇がありません。(涙)

でも、この思いやり、嬉しいです。

いつも有難うございます。





Snack@Pool2014_LaniLaniClub 2014 (480x360)



*****




[ 2014年10月11日 00:23 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(3)

「キス(口づけ)Kisses」という名のレストラン@Kailua 3.

カイルアの「バチ」の続きです。

「ブラータ」チーズのサラダのほかに2皿、お品を頼んでシェア。

残りのうちの一つは、イタリアでのアペタイザーでは定番ともいえる「ブルスケッタ」

では、お写真をどうぞ~~



Bruschetta_Bistro Baci_201408_LaniLaniClub201408 (480x319)



ブルスケッタは、英語圏の方々の中には「ブルシェッタ」と発音なさる方もいらっしゃいますね。

そう発音されますと、イタリアでは通じませんのでお気をつけて。(知人のお話です(笑))

画像からお判りいただけると思いますが、パンの上に色々とのせて食します。

こちらはオリーブオイル、ガーリック、トマト、バジルの組み合わせ。

王道の組み合わせです。

この黄金のコンビネーションのみをブルスケッタと呼ぶお店もあるそうですが、実際のところ、それはどうなんでしょう?

ちなみにブルスケッタは、ローマ方言の動詞「ブルスカーレ」からの派生語。

ブルスカーレとは炭火の上でローストする(焼く)、という意味です。

昔、ローマのオリーブ栽培農家は、オイルを作るために初収穫したオリーブを地元のプレス場に持ち込みました。

その場でパンを炭火であぶり、出来上がったオイルをそのパンにつけて試食をしたのがブルスケッタの始まり、とのこと。

つまりは、オイルのテイスティングが目的だったわけですね。

むむむ・・・深い・・・

たかがブルスケッタ、されどブルスケッタ・・・

よくよく考えてみるとどんなシンプルなお料理にも深い意味と歴史があったりいたしますね。

また、ブルスケッタとクロスティーニの差については説は色々あるようですが、パンの種類と大きさに落ち着くようです。

なんといってもクロスティーニ(クロスティーノ)って、リトル・トーストっていう意味ですもんね。

いとこ同士かな?(笑)

さて、我が家では、パンにソテーしたケールとブラータ・チーズをのせて、もう一度、軽く焼く、というのが一番人気。

ケールは茎から外して揉んでからカットして生で使っても美味しいですが、揉んだ後、ソテーしますと、さらに柔らかくいただけます。

ブラータが入手困難な場合はモッツァレラチーズでも。

ケールはどんな形でも召し上がれますし、美味しいのでお薦めですぅ。

あ、召し上がる前にたら~りと美味しいオリーブオイル、そして黒コショウをパラパラっとね♪

バチのブルスケッタ、美味しゅうございました~~♥

続きます。



*****






[ 2014年10月10日 08:41 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(1)

「キス(口づけ)Kisses」という名のレストラン@Kailua 2.


大変、失礼な発言で恐縮ですが、カイルアの「バチ(Baci)」は、とても狭いですし、少々、古くてガタが来つつあります。

1997年に開店してから大々的な改装はござませんから、仕方がありませんが。

内装は大小さまざまな鏡などで真っ赤な内壁が埋まっておりますのん。

その上、天井には風通しか、工事中なの?と、おぼしき大きな隙間がいくつか。

江戸小話だったら、忍者が顔を出しそうな天井の一部を取り外した穴だったりします。

唯一、外壁側から天井まではミラノ中央駅などで見られるトレイン・シェッドの一部に似せてアーチ型であるのは珍しいかもしれません。

しかし、裏口ドアの建付けも不安だしぃ・・・。(表の玄関と裏と両方からご入店が可能ですぅ)

そろそろ、お手洗いのドアや床も直してくれないかなあ・・・

なんて、羅列すると、なんだかとってもオンボロみたいですが・・・・。(ごめんなさい)

でもね、そんなにひどいわけではありません。

いわゆるタベルナなのです。

そう、イタリアの小さい人気大衆食堂のことですね。

なので、お店の造りはそんな感じでも、味とサービスは外見とはかなり違います。

想像と違っていたわ!とおっしゃる方がいらっしゃるかも・・・と思いましたので正直にお伝えいたしました。

そうはいっても、お勧めのレストランであることに間違いはございません。

さて、皆さま、気を取り直して!(笑)

アペタイザーからいかがでしょうか?

今回はビジネス・パートナーたちと7名ほどで行きましたので、いくつかアペタイザーを頼んでシェアしました。

まず、こちら。



Burrata Salad_Baci_201408_LaniLaniClub (480x319)



「ブラータ」チーズのサラダです。

日本のスーパーなどではあまり見かけないチーズかもしれませんね。

モッツアレラの兄弟です。

フレッシュ・モッツアレラを作る過程で、中にモッツアレラとクリームを包んで丸めます。

すると、こんなコロンとした可愛い形のチーズになります。

中にフレッシュ・クリームも入っていますから、モッツアレラよりずっと柔らかいです。

そして、これをカットするとこんな感じ。



Burrata_Burrata Salad_Baci_201408_LaniLaniClub 2014 (480x319)


中からクリームと柔らかいモッツアレラが出てまいります。

これ、美味しいのよ~~

ぜひ、お試しくださいませね。

ちなみに「ブラータ」とは、イタリア語でバターを使った、という意味です。

イタリアの地方によっては、中にクリームの代わりにバターやバターとお砂糖が入っていたりするところもあるそうです。



つづく~  (す・・・すみません、引っ張りますが、ゾンビなので許してくださぃぃぃ)



*****





[ 2014年10月09日 08:16 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(0)

「キス(口づけ)Kisses」という名のレストラン@Kailua 1.


ワイキキやホノルルからの往復運転が大変でなければ、カイルアも楽しいタウンです。

ここには、カイルア・ビーチのほかに、世界で一番天国に近いビーチ「ラニカイ・ビーチ」がございますね♪

お友達がラニカイにお住まいなので(う・・・羨ますぃ・・・)、たまに、カイルアに伺います。

これらのビーチについては、もう十分、有名ですので、ここでは割愛いたします。

実際、カイルアは、車でぐるぐる回るだけでも、素敵な場所。

以前よりずっと開発が進みましたが、まだまだ昔と変わらないお家やお店や情景があるのです・・・

ちょっと郷愁に浸ってしまうわ~~

さて、本日から少し、そのカイルアのあるイタリアン・レストランのご紹介です。

お手頃なのにきちんと白いテーブルクロスがかかっている真面目なお店なのです。

その名も「Baci Bistro(バチ・ビストロ)」

Baci(バチ)とはイタリア語でキスKissesのこと。

お店のロゴが赤いキスマークだったりして、なんだかちょっとロマンチック・・・

お席は、テラスと屋内の両方にございますが、小さめのお店ですから、地元の方々でいつも混みますの。

ランチなら予約なしでも入ることが出来ることもあるそうですが、お待ちになりたくない方は予約なさってくださいね。

さて、オーナー・シェフのリザ・アジリ(Reza Azeri)氏は、お名前からもわかるようにイラン系移民の方。

しかし、お暮しになったのがイタリア、スペインを中心にヨーロッパの各地。

ですから、お味も正統派イタリアンに少々、ツイストを残したものになっております。

日本人シェフがハワイに開いた小洒落た各イタリアン・レストランよりずっと素朴な、しかし本格ヨーロッパ風のお味になっていると感じました。

ところで、カイルアへ行くにはパリ・ハイウェイを使います。

しかし、相変わらずパリ・ハイウェイのお天気の変わり方は、女心以上。

わ~い、お天気だ~と喜んでいたら、あっという間に雲が出てきてしまいました・・・ううう


Pali Highway_201408_LaniLaniClub2014 (480x319)


この雲のモクモク感、おわかりいただけるかしら。

これから後、すぐにザーザー降りになりました。

パリ・ハイウェイ行程の最初から最後までお天気だった、なんてこと、滅多にございません。

でもね、この後のダブル・レインボー、とても近くて綺麗で感動しました。

画像がないのが悲しい・・・


★ところで、ここ最近、ゾンビ化著しいアタクシ、時々、更新が滞るかもしれません。

今からお詫び申し上げておきます・・・とほほほ

いつも本当にすみません・・・。


*****




[ 2014年10月08日 00:10 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(1)

引き続きのアイスクリーム(笑)



引き続き、アイスクリームとフルーツ・ソースの組み合わせを。

(A実ちゃん、ご覧くださっているかしらん♥)



Vanilla Ice Cream  Straberry  _Alan Wong_201408_LaniLaniClub2014  (480x360)




これ、私がラ・メールでお願いしたデザートにそっくりでしょう?

メニューに載っていた時はびっくりしましたが、考えてみると、バニラ・アイスクリームとストロベリーの組み合わせは普遍的。(笑)

このデザートがメニューに載っているお店は、サウス・キングにある「アラン・ウォンズ(Alan Wong's)」です。

お食事の〆にちょっと甘いもの、というときに適当な大きさです。

飴細工が載っていたり、ミントが可愛く飾られていて見た目はとっても可愛い。

お味は甘め。

バニラ・アイスクリームは圧倒的にハレクラニの勝ち、と私もビジネス・パートナーたちも思った次第でございます。

飴細工、素敵ですが、食べるときにちょっと要らないかも。

アラン・ウォンズのほかのお料理については、もし機会があれば、お届けしますね。

でも、総評は、あまりに足してかけるとマイナスになる、というお料理界の数式パターンを経験いたしました。

ガーリックも強すぎですわ~。

そもそも、パンのお供がすご~いガーリックぷんぷんのマヨネーズのようなバターだったりします。

これを食べた時点で、お口の中がガーリック臭くなり、次のお料理がわからなくなったりもします。

ソースも、四川料理以上の辛さのものもあり、某ビジネス・パートナーは「これってどうなの?」と涙目に。(私にいじめられたわけではなくて、辛かったためですよ(笑)

実は、8月はランチに一度、みんなでメイシーズのパイナップル・ルームにも伺いましたのよ。

こちらも思ったよりずっと残念な経験をいたしました。

一番、がっかりしたことは、ハンバーグ・ミートがビーフ100%!と銘打ってはおりますが、たくさんのつなぎが入っていたこと。

ですので、せっかくの微妙なビーフの甘味など、美味しいお肉のお味がいたしませんでした。

伺ってみたら、入っているお肉はビーフ100%ですが、つなぎにパン粉とか、お野菜とか、お豆腐とか、あれとか、これとか・・・と・・・。

日本の家庭で作られるハンバーグと同じというわけでございました。

ははあ、なるほど、そういうハンバーグもありですからね・・・好き嫌いは別といたしまして。

パートナーの一人が注文したグリルド・マヒマヒ。

パイナップルRの本日のお勧めでしたが、生臭くって・・・X

ソースが塩辛くてX

ここは本店と異なり、店内も決して清潔とはいえず、なんだかなあ・・・(せめて、お掃除をしていただきたいわ~)

オープン当初から数年は、すごく美味しかった記憶があるので、復活を期待して伺ったのですが・・・。

メニューのお品の数もぐ~~んと減って、本当にアランさんがプロデュースに携わっているのかしらと疑問が。

ちなみにアラン・ウォンズ本店のGMは、以前にオーキッズやパーク・カフェのマネージャーだったI氏。

とてもよく動く方ですので、そういう点から、ウエイト・ヘルプのサービスは期待できます。

パイナップルRのほうは人手不足の感。

本店もパイナップルRもグループで行きましたので、色々と食べ比べてみることが出来ました。

友人や知人のグループで伺って楽しいところはそこですよね。

お好きな方はお好きだというアラン・ウォンズ。

でもね・・・私たちは・・・ううむ・・・本店もパイナップルRも、しばらくはいいかなあ。



*****






[ 2014年10月07日 01:39 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(2)

やっぱりアイスクリーム


基本的にオーキッズのみならず、HWAKやラ・メールにも特徴あるデザートがそれぞれご用意されております。

それはそれで趣向が凝らされているということは皆さま、よくご存じです。

お好きなものをお選びになって、あまり外れはない、と言えましょう。

それでも、今日はアイスクリーム・オンリーの気分よね~~、ということも。

たくさんいらないけれど、ちょっと、というときとか。

前回、ご紹介したのはお子ちゃま仕様のオーキッズのアイスクリーム。こちら→

では、大人がオーキッズでアイスクリームを頼むとどうなるのか?

それは、こうなります。



Ice Cream Orchids_LaniLaniClub 2014 (480x360)



これはアイスクリーム3個でお願いした場合です。(暑くて融けはじめておりますね)

チョコレート2個とコナ・コーヒー1個です。

もちろん、我が家族の中でデザートに3個もアイスクリームを平らげられるのは我が夫のみです。(笑)

それでは、これがラ・メールだったらどうでしょう?

以下のようになります。



Ice Cream La Mer_LaniLaniClub2014 (480x360)



少々、わかりにくのですが、マシュマロとバニラ1個ずつをお願いしたものです。

うんとシンプルにお願いします、とお伝えすると、こんな感じで出てまいりました。

(どちらも食べてみたかったんですよねえ・・・)

ところで、実は、こんな裏技もやってもらえます。



Vanilla Ice Cream Sauted Strawberries La Me_LaniLaniClub 201408 (480x349)



バニラ・アイスクリームとソテーしたストロベリー。

ストロベリー・ソースの酸味がバニラの甘さを抑えてくれてなんとも素敵な一品に。

アイスクリームが融けかかっているのはストロベリーが暖かいから。

この感じがたまりませんね~。

事前にお願いしてあったわけではありませんのよ。

デザートを聞かれたときにこんな風なのを作っていただけますか?とお願いしたのです。

もちろん、お安い御用ですよ、とやってくださったもの。

皆さま、メニューに載っていないものを頼むことは厨房にご迷惑をかける、という心配はご無用です。

ホテル側が昔からそれを当然のことと認めておりますから、なんでもお話してみてください。

もっとも、レストランが嵐のように忙しいときは避けますが。(笑)

お召し上がりになりたいものがわかっていれば、事前にオーダーなさるとよろしいかと。

そうすると、レストランが混雑しているときでも大丈夫だそうですよ。

特にオーキッズやHWAKは、混んでいるときは半端ではありませんので、要注意。(笑)

それにしても、美味しいですわね、これ。

これはリピ決定ですわん♥


*****




[ 2014年10月05日 04:51 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(3)

Tango Contemporary Cafe 5.

まだTango、続きますです。

駆け足でご紹介いたしましょう。

ここでランチの真打の登場。






Tnago Special Sandwich (480x360)_LaniLaniClub2014




シェフ・ゴーランのシグナチャー「グラブラックスのオープン・サンドウィッチ」
(Chef Göran’s Signature Open Faced Gravlax Sandwich)

グラブラックスというのは、スカンジナビアのスモークド・サーモンのようなものです。

ただ、本来はスモークせずにお塩や香辛料、あるいは、お酒などに漬けたサケの切り身のことを指します。

アメリカでは、スモークしてあるものも、グラブラックスと呼んでいることもありますが。

こちらを使ったオープン・サンドがこのお店で人気の一品となっております。

メニューの解説を読んでみると

on Finnish Rye Bread, Boursin Cheese Spread, Egg, Tomato and Cucumber, Mustard Dill Sauce
「フィンランドのライブレッドにブルサンのチーズスプレッド、玉子、トマトそしてキュウリ、マスタードのディルソース」

ブルサンはフランス産のクリームチーズの名前です。

そのスプレッドをライ麦パンに塗って、具を載せているわけですね。

これは、ユダヤ人の朝食から広まったベーグルとロックスとクリームチーズの組み合わせに似ております。

サケのキュアリングの仕方や香辛料が少し違うというだけ。

異なる文化なのに、どこかで繋がっている、酷似している、というのが人類文化の特徴ですね。

これは、さすがに本場からいらしたシェフが作っただけあり、美味しゅうございました。

日本のスモーク・サーモンのイメージとは異なりますが、一度、お試しくださいまし。

あ、お魚の嫌いな方にはおすすめできないお品ですので、お許しくださいませ。



*****





[ 2014年10月04日 00:45 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(0)

Tango Contemporary Cafe 4.





Tnago Cheeseburger (480x360)_LaniLaniClub2014



引き続きのタンゴ。

今度は、ちゃんとしたお肉のハンバーガーのご紹介です。

こちらはサラダの付け合わせを頼んだもの。

これだと、ハウス・メイドのピックルスがはっきりわかりますね。(笑)

こちらは普通にオニオン、トマト、レタス、スイス・チーズのトッピング。

もっとトッピングを加えたい方は、お野菜などを選んでお願い出来るシステムです。

HWAKのハンバーガーとどっちが美味しいかというと・・・

どちらもそれぞれに美味しいので、どなたに伺っても甲乙つけがたいそうです。

(私は前回、ここでお肉のほうのハンバーガーを食べそこなったの・・・ちぇっ)




*****






[ 2014年10月03日 03:33 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(0)

Tango Contemporary Cafe 3.

再び、Tango(タンゴ)の話題です。

初めて拙ブログにお越しいただき、Tangoって?とおっしゃる方は、ご面倒でもこちらとこちらをご参照くださいませ。

(「こちら」にカーソルをあてていただくと、ページへジャンプいたします)

ビジネス・ミーティングの場所に近かったため通った、ということもありますが、美味しかったのは事実。

残念ながら、ランチしか存じませんが、もう少し、お料理をご紹介させてください。

これからハワイにいらっしゃる方のご参考になれば、と思います。


Tnago Portobello Mushroom Burger (480x360)_LaniLaniClub2014


こちらは、グリルしたポルトベロ(ポータベーラ)・マッシュルームのハンバーガーです。

いわゆる、ベジタリアン・メニューですね。

でも、美味しいので、ベジタリアンでなくても食べちゃいますが。

直径15㎝にはなるこのポルタベロ・マッシュルーム、シイタケのオバケみたいです。

しかし、実は、普通のマッシュルームを成長させただけなのですね。

普通のマッシュルームより味が濃く、ものすごく美味!

熱を加えると旨みがさらに凝縮されます。

大きいので、よくこのままグリルにされますが、それを利用したものが、このハンバーガーというわけです。

ハンバーガー・パティ(ミート)の代わりに、マッシュルームを使うというアイディアなのです。

お色も姿も似ておりますしね。(笑)

Tangoのどのハンバーガーも、付け合わせにフレンチ・フライズか、サラダのいずれかを選ぶことが出来ます。

そして、ケチャップはここ特製!

ハウス・メイドのケチャップにはなかなかお目にかかれなくなってきましたので、嬉しいです。

おまけにニンジンとミニ・キュウリ、そしてレーズンのお手製ピックルスがついてきます。

ここでは左上にありますが、ポテトの侵入で隠れておりますね。

すみません、カメラマン、下手です。(アタクシですが・・・とほほほ)

また、ハンバーガーのトッピングもあれこれ注文出来ます。

こちらは、グリルド・オニオンとアボカドをつけてもらったもの。

それから、チーズはスイス・チーズにいたしました。

そして、その上にどっさり乗っかっているのがアルファルファ・スプラウト。

こちらもあれば黙っていてもついてまります。(笑)

Tangoではその日に届いたお野菜を使いますから、アルファルファがないときもあるわけです。

地産地消を心がけていらっしゃるレストラン・・・素敵です。

ガブっとかじりつくと、中からじゅわ~~っとマッシュルームのジュースが・・・

美味しい!!

パンは別の場所でお願いして作ってもらっているとのことですが、パンも大変美味しいです。

ちなみにこちらはホール・ウィートのパンです。

おすすめの一品ですね。(マッシュルームがお嫌いな方はダメかもしれません・・・ごめんなさい)

このTangoのカジュアルなサンドウィッチ・ショップがワードにあるそうです。


*****




[ 2014年10月02日 03:15 ] カテゴリ:Hawaii, Restaurants | TB(-) | CM(0)

ホットドッグ


あっという間に10月ですね。

どんどん秋が深まってまいりますね。

一方、長野の御嶽山の噴火で犠牲者も出ており、お見舞い申し上げます。


****



さて、ハレクラニでの美味しいものの続きです。

ハレクラニのホットドッグはキッズ仕様だけではなくて、大人用もちゃんとあります。(笑)

HWAKのメニューに載っておりますんです。

きちんとした「ブラートヴルスト」です。

これがまた美味しい。

先ずは、お写真をば・・・。



Hotdog@ HWAK_LaniLaniClub201408 (480x361)



(ほかのランチ・ディッシュと同じようにフレンチ・フライズ、ポテト・チップス、あるいはサラダかを選べます。

画像はサラダの例です。)

ただ、ドイツの習慣と異なり、ザワークラウトではなく、アメリカ式にコールスローを使っております。

なんと、このコールスローには、お味噌が使われているんですね。

メニューの「Cabbage Miso Slaw キャベッジ・ミソ・スロー」の文字を見た時は、ええ~?・・・と思いましたが。

酸味や発酵味はザワークラウトのようにはしませんけれど、お味噌ですから、その発酵感がかすかに残っておりますね。

ほんのり甘めの優しいキャベツのお供は、大人から子供までに人気があるそうです。

(個人的にはザワークラウトのほうが好きですが。(笑))

パンもしっかり、ハウスメイドで美味しいです。

サラダもシャキシャキ。

ハレクラニの厨房の奥で野菜を洗う役の方々、いつも真剣。

何度も流水で綺麗にします。

基本的にこのままの状態でゲストのお口に入るものが多いので頑張っているとおっしゃっていました。

そして、超巨大サラダ・スピナーでお水を徹底的に切ります。

葉物を洗って水を切るということの大変さをよく存じておりますから、感謝、感謝でございます。

HWAKのホットドッグもおすすめです。


*****




[ 2014年10月01日 01:31 ] カテゴリ:Halekulani, HWAK | TB(-) | CM(1)
Profile

ラニねえ

Author:ラニねえ


お越しいただき有難う存じます。


まだブログという言葉もない10年以上前に


Lani Lani Club というサイトを始めました。


ハレクラニホテルが大好き、という友人たちの助けで


なんとか運営しておりましたが、


管理人の生活の変化によって一時閉鎖。


そして今回、ブログとして再開することに。


どうぞ宜しくお願いいたします。


なお、仕事が忙しくなりますとゾンビ化しますが、


人間に戻るまでお待ちくださいまし。

Latest trackbacks
Search form
QR code
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。