Lani Lani Club

ワイキキのハレクラニホテルの話題を中心に様々な衣食住のお話を掲載しています。

Lani Lani Title
Lani Lani Club TOP  >  スポンサー広告 >  Halekulani >  嬉しい!③-2 La Mer (ラ・メール)②-2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嬉しい!③-2 La Mer (ラ・メール)②-2

Should you wish to read my blog in English, please go to the Google Blog (Blogger) which will be created in a few weeks. The title may be different, nevertheless the name "Lani Lani Club" should appear somewhere in the title. The link will be shown here soon. Thank you for your patience.


作日は、1962年アマローネのご登場をもって終わってしまいましたが・・・。

その続きをお伝えいたしますね。

****


アマローネというのは、イタリアワインの真髄とも珠玉作ともいわれておるそうな。

イタリア北東部のヴェネト州ヴェローナ近郊のヴァルポリチェッラ地域で作られる伝統的ワインなのですね。

簡単にご説明いたしましょう。

当然のことながら、ワインはブドウを発酵させることで作られます。

この発酵過程でブドウの糖分がアルコールに変わってワインになるわけですね。

このイタリア地方で作られる甘口ワイン(レチョート)は、ブドウを選別して手摘みし、陰干し乾燥させてから発酵させます。

乾燥させたブドウは全体の30%から35%の重量を失うのだそう。

手間と時間はかかっても、作られるワイン量が少ない・・・。

作り手にとっては、大変なことです・・・。

さて、糖分がアルコールに変わるのを途中で止めることで、糖度の高いワインができるわけですが・・・。

そこをアマローネは、熟成を続けさせて糖度を下げたワインなのです。

つまり、デザートワインにも飲まれるレチョートとは異なります。

なんでも始まりは、うっかり熟成を止めるのを忘れたことで出来たのだとか・・・。

怪我の功名とはこのことですわね。

画像のベルターニ社は、特に伝統と信頼のアマローネの作り手なのだそうです。


****



20121223Amarone pouring_resized_LaniLaniClub


さて、このワインをソムリエが私たちにおすそ分け。

というのも、この日が彼の50歳の誕生日だったから。

自分の誕生日年のアマローネをずっと大切にしまっておいて50歳になったら飲もうと思っていらしたそうですの。

ベルターニ社のアマローネのファーストヴィンテージは1959年だそうですから、とても貴重なワイン。

感謝していただきます。

うううう・・・・・おいすぃ・・・・

実はイタリアワインが苦手な私。

良質のキャンティなどもいただきましたけれども。

イタリアンレッド、飲みやすいのですが、私には少々、軽め・・・。

フルボディが好きなので、どうしても避けてしまっておりました。

しかし、今回の体験で熟成された良質のアマローネは相当、美味しいということを発見。

反省しております、はい、イタリアワインさま、ごめんなさい。

とってもよい経験ができました。

ワインは本当に毎日がお勉強ですわねえ・・・


*****
[ 2013年02月13日 01:56 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(2)
ラニお姉さま!!
ワインセミナー開いていただきたいです。
ワインの件、まるでワインの本を読んでいるような・・・
すごく勉強になりました。

いつか直接いろいろと教えてほしいなぁなんて思っちゃいました。

ワインは奥が深いですよねぇ。

お仕事頑張ってくださーーい。
[ 2013/02/14 14:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
かおるこさん、ようこそぉ~♪

いやいやいやいや、アタクシはまだまだざます。
ワインは本当に奥が深いので、お勉強してもしても、まだ足りませんの。
死ぬまでお勉強しても足りなそうですぅ~(滝汗

はい、化石化しない程度に(笑)、お仕事がんばりますです!

早く春が来るといいですわねえ・・・


> ラニお姉さま!!
> ワインセミナー開いていただきたいです。
> ワインの件、まるでワインの本を読んでいるような・・・
> すごく勉強になりました。
>
> いつか直接いろいろと教えてほしいなぁなんて思っちゃいました。
>
> ワインは奥が深いですよねぇ。
>
> お仕事頑張ってくださーーい。
[ 2013/02/14 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

ラニねえ

Author:ラニねえ


お越しいただき有難う存じます。


まだブログという言葉もない10年以上前に


Lani Lani Club というサイトを始めました。


ハレクラニホテルが大好き、という友人たちの助けで


なんとか運営しておりましたが、


管理人の生活の変化によって一時閉鎖。


そして今回、ブログとして再開することに。


どうぞ宜しくお願いいたします。


なお、仕事が忙しくなりますとゾンビ化しますが、


人間に戻るまでお待ちくださいまし。

Latest trackbacks
Search form
QR code
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。