Lani Lani Club

ワイキキのハレクラニホテルの話題を中心に様々な衣食住のお話を掲載しています。

Lani Lani Title
Lani Lani Club TOP  >  スポンサー広告 >  Halekulani >  Christmas 2012 - ⑤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Christmas 2012 - ⑤

ラ・メールのクリスマスはとても綺麗です。

そして、静か。

ほっとする時間になります。

また、大人の空間でもあります。

クリスマスでも、レストラン内は華美に飾られません。

クリスマスツリーと、ところどころにポイントのお化粧。

小さい花瓶のお花だったり、キャンドルだったり。

各テーブルのお花も少しだけ、お洒落しています。

そして、照明もいつもの夜より少しだけ落とされてとてもロマンチック。


****


ハレクラニのクリスマス・ディナーは24日と25日の二晩。

お好きな夜を選ぶことができます。

一晩はオーキッズで、後の一晩はラ・メールで、ということも可能。

お料理が異なりますから、比べてみるのも面白いかもしれません。

クリスマスのメニューは印刷したものを頂戴できます。

日本語版もありますので、お願いするとそちらを出してくださいます。

以下は2012年の仕様。

綺麗ですね。


2102XmasLaMerMenu_2_resized_LaniLaniClub


この画像ではよくわからないかもしれませんが、キラキラ光るインクが使用されております。


****

☆クリスマス・ディナー

2012年度は、お一人様$145でしたが、ソムリエのワイン・ペアリング付きもあります。

こちらをお願いすると、プラス$75にて4種類のグラスワインを楽しめます。

では、いよいよいただきましょう。

まず、メニューにあるようにアミューズ・ブーシュから供されます。

この夜のアミューズ・ブーシュは昨晩と同じ。

でもね、何度、いただいても美味しい。

重からず、多からず、そして、後を引く感じです。

次のディッシュへの期待が高まるような作品なのですね。

ラ・メールのアミューズ・ブーシュは本当にいつもよく作られていると思うのです。

さて、最初のお料理です。

「ホタテ貝のタルタルとライム風味オイスターのポーチド、椰子の若芽とキャビア添え」



2012XmasLaMer_Amuse_resized_LaniLaniClub


とても美しいディッシュですね。

クリスマスのアイテムを意識しているようです。

マイクログリーンがヒイラギのようで可愛い。

お味のバランスが絶妙!

あっさりしているのにきちんと奥深い。

これは、素材が本当に新鮮でないといけませんね。

美味しいアペタイザーでした。

Wine Pariring

Furst "Pur Mineral," Muller Thurgau, 2011, Franconia, Germany

ミュラー・トゥルガウという品種は、実は過去にあまり評判のよろしくないブドウです。

スイスにて誕生、その後ドイツのミュラー博士によって交配され、ドイツ、オーストリアで大量生産されました。

つまり、お安いワインを作るために使われた、ということでしょう。

そのため、ドイツの多くの優良ワインメーカーがこの品種を避けるようになりました。

代わりにもっと品質のよいリースリングやシルヴァネールが使われるようになったそう。

そのためか、今度は生産量が30%以下になり、だんだんと希少に。(オーストリア筋のお話ですが)

最近では見直されているようですけれども。

アメリカでは未だに厳しい批判にさらされておりますね。

そうそう、北海道や山梨でもこのブドウが栽培されてワインが作られているそうです。

ラ・メールのソムリエが探し出してきたこのワインはそれほど悪くはありませんでした。

残念ながら、軽いために私は好きとは言えなかったのですが・・・。

ところが、このホタテのタルタルには、相性として可。

これ単独では、決してオーダーなどはしないワインでしょう。

なぜか、それなりに合う・・・。

なんだかキツネにつままれたような瞬間でした。

味、香りと共にマスカットを彷彿とさせます。

その軽やかな酸味と甘みの少なさがよかったのかもしれません。


つづく


*****



[ 2013年04月19日 05:28 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

ラニねえ

Author:ラニねえ


お越しいただき有難う存じます。


まだブログという言葉もない10年以上前に


Lani Lani Club というサイトを始めました。


ハレクラニホテルが大好き、という友人たちの助けで


なんとか運営しておりましたが、


管理人の生活の変化によって一時閉鎖。


そして今回、ブログとして再開することに。


どうぞ宜しくお願いいたします。


なお、仕事が忙しくなりますとゾンビ化しますが、


人間に戻るまでお待ちくださいまし。

Latest trackbacks
Search form
QR code
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。