Lani Lani Club

ワイキキのハレクラニホテルの話題を中心に様々な衣食住のお話を掲載しています。

Lani Lani Title
Lani Lani Club TOP  >  スポンサー広告 >  Halekulani >  Afternoon Tea at Veranda (2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Afternoon Tea at Veranda (2)

ベランダでのお茶のお話の続きです。

お時間ですが、ベランダは午後3時から5時半まで、オーキッズは午後3時から5時までです。

オーキッズの場合、月曜日から土曜日までに限り、祝日もお休みとなります。

ベランダは毎日、行われますので、ご利用くださいませね。

ご予約は20名様以上の場合、受け付けておりますです。

こちらのほうで詳しくご覧になれますが、PDFファイルのメニューは英語となります。

ハレクラニ・アフタヌーンティー

現在のところ、ベランダのメニューもオーキッズのメニューも同じとなっております。

ベランダやオーキッズでは日本語メニューがございますのでご利用くださいませ。

お紅茶よりコーヒーのよろしい方やワインがよろしい方のためにもセレクションが後方に掲載されております。

また、バブルも入れて~♪とおっしゃる方のために、シャンパン・アフタヌーン・ティーなるものもございますです。

こちらをお願いしますと、普通のティーのメニューのほかに、シャンパンとイチゴとクリームにお越しいただけます♪ (笑

ようこそいらっしゃいました、パクリッ❤ 

****


ティーをお願いしますと、木箱に納められたサンプルがやって参ります。

こちらでございます。



Afernoon tea_Veranda_tea selection_resized_LaniLaniClub



箱の内側に一つ一つのお茶葉の産地、特長が書かれてありますの。

サンプルを開けてみて香りを楽しみ、お好きなティーをお選びくださいませ。

メニューにも掲載されておりますので、日本語にて照らし合わせていただくとお分かりいただけるかと思います。

****


ところで、ご質問をいただきましたので、お答えさせてくださいませ。

「アフタヌーンティーをハイティー(High Tea)と呼ぶところがあるが、事実は・・・?」

お答えですが、それは、どこかで誤解があったとしか思われませんの。

アフタヌーンティーは、「ハイ High」ではなく、ロゥ・ティー(Low Tea)なのです。

ここでイギリスで行われているお紅茶文化のティー・タイムの種類を簡単にご説明させてください。

朝、目が覚めますと、「おめざ」としてのお紅茶をいただきます。

こちらは、別にカウントしなくてもよい、簡単なものです。

要するに頭とお腹を覚ます目的のためですね。

朝食がすみまして、その後、おやつのようにいただくティーが「イレブンシス」と呼ばれます。

軽いスナックと共にいただきますが、ブランチに取って代わられることもあります。

ブランチというのは、文字通り朝食と昼食の間のお食事を指します。

日本でもおなじみですわよね。

イレブンシスはブランチほど重くなく、甘くないものは出ない午前10時頃にいただく、ティータイムです。

ブランチは午前10時前にはいただきませんが、イレブンシスはOK.

お昼を召し上がって、その後にいただくのが、アフタヌーン(ロゥ)・ティー。

午後4時頃から6時くらいまでにいただきます。

これはイギリス帝国の繁栄と共に広まりました。

そして、午後5時くらいから7時くらいの間にいただくのがハイ・ティー。

これは、お夕食のような温かいものといただくミート・ティー(Meat Tea)とも呼ばれるものです。

昔はあまり豊かでない労働者階級はイブニング・ミール(ディナー)としてこちらをいただいたそうです。

というわけで、もともとディナーという意味は一番、大きな(重い)お食事、という意味だったわけですね。

ですので、ディナーというと、ハイ・ティーを含めて、イブニング・ミールを指すわけです。

中世くらいまでは、ディナーはお昼だったそうですわ。

また、サパーはそれから遅くのお食事を指します。

最後に寝る前にいただいて終了。

ふ~っ・・・

イギリス人は本当によくお紅茶を召し上がりますわね。

帝国の繁栄は、お紅茶パワーのおかげだったのかしらん・・・(笑

ところで、どうして、ハイ、ロゥという名前がついたのでしょう。

それは、階級や時間ではなく、テーブルの高さから来たのですね。

アフタヌーン(ロゥ)ティーは低いラウンジ・テーブルで、ハイ・ティーは高いダイニング・テーブルで、いただいたからです。

ですので、アフタヌーンティーは特にフィンガー・フードが多いわけです。

ナイフとフォークを使う温かいお食事が出されるのは、ハイ・ティー(ミート・ティー)で、ということになるわけですわね。

以上、大雑把にお答えいたしました。

既にご存じの方、大変失礼いたしました。

****



Afternoon Tea_Veranda_image_resized_LaniLaniClub



ところで、ミルク・ティーにつきましては、ミルクをカップに先に入れるか、後からか?の両方に意見が分かれると伺いました。

それぞれに言い分がございましょうから、ここでは述べません。

イギリスの伝統は伝統として、、現在はお好きなようにお飲みいただいても、奇異の目で見られることはございませんです。

ただし、どうぞ、ミルクは冷たいままにて。

温めますと、ミルクの、いわゆる乳製品の香りが立ち、ティーの香りを抹殺いたします。

(え?アタクスですか? ワタクシはミルク先派でございます)

さて、そうこうしているうちにお紅茶のお供が出て参ります。うほほ~♪

それは、また次回に。

(また怒られそうですわ~(汗)

*****

[ 2013年07月17日 00:48 ] カテゴリ:Halekulani | TB(-) | CM(2)
アフタヌーンティー
ラニねい様こんにちは。
またまた やってきました(笑)
日常の生活では、ゆったりと午後のお茶をいただく時間は………。ましてや昨今の日本の気候は、その気にもなれません(^_^;)
だからこそ、ハワイの気候、ハレクラニの空間でまったりと過ごす時間を大切にしたいです。
ラニねい様の詳しいお話を読んでますます楽しみです。
[ 2013/07/17 22:14 ] [ 編集 ]
Re: アフタヌーンティー
youngheeさん
いらっしゃいましぃ~~♪(笑

いやはや、おっしゃるとおりですぅ。

今の日本の気候では、ゆったりとしたアフタヌーンティーは大変ですわね~~(滝汗
ハワイはアメリカの中では決して乾燥している土地ではありません。
しかし、モンスーンのある日本よりはずっとよろしい。
ですので、あちらでエアコンが効いていると、あっちゅうまにイギリスですわよ。(笑

youngheeさんもぜひ、日常から隔絶された時空の一つとしてアフタヌーンティーをお楽しみくださいませね!

しかし、アフタヌーンティーについては、お話しはじめるとキリがありませんわ~~(笑

[ 2013/07/18 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Profile

ラニねえ

Author:ラニねえ


お越しいただき有難う存じます。


まだブログという言葉もない10年以上前に


Lani Lani Club というサイトを始めました。


ハレクラニホテルが大好き、という友人たちの助けで


なんとか運営しておりましたが、


管理人の生活の変化によって一時閉鎖。


そして今回、ブログとして再開することに。


どうぞ宜しくお願いいたします。


なお、仕事が忙しくなりますとゾンビ化しますが、


人間に戻るまでお待ちくださいまし。

Latest trackbacks
Search form
QR code
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。